トップページへ

店舗案内

メニュー

ギャラリー

スタッフ

採用情報

お問い合わせ

コラムTOPへ

メイクについて(チーク編) (第7号)

  「チークで雰囲気作りを楽しみましょう。」

チークの入れ方  皆さん、メイク、頑張っていますか?
 理想の眉、描けていますか?

 今回は、メイクシリーズ第3弾、チークです。
チークって、ひとえに、どんな感じで入れればよいのか、わからなくなりますよね。 でも入れ方一つで、雰囲気が全く変わります。 基本の入れ方からお話ししましょう。

 まず、チークの基本の入れ方としては、こめかみの下辺りからほお骨を狙って、黒目の外側ぐらいまでブラシで軽くなでるように入れます。 高さとしては、鼻の高さくらいが理想です。 コレが基本のチークの位置と入れ方です。

 『可愛らしい』チークの入れ方は、入れはじめの位置を黒目の少し内側から入れるといいですよ! そして形は丸く。 そうすることで、頬に可愛らしさが生まれます。

 『大人っぽく』するには、入れはじめは基本と同じ位置からで、まが玉状に。 中心に近い所は丸く、耳に近づくに連れ、細くする感じです。

 以上が、形での雰囲気作りですが、色でも感じが変わりますよ! たとえば、濃いめのピンクは可愛らしさをより強調できるし、オレンジは可愛らしさに加え、健康的で、元気なイメージも出せます。 でも、同じピンクやオレンジでも、少し薄めにすることで、可愛らしさの中に優しげなイメージを作ることもできます。

 逆に、ブラウンを入れることで、今度は一気に大人っぽく変わります。 ブラウンは、あまり濃く入れすぎると、どこか古めかしいイメージになりやすいので、薄く入れる方が素敵です。

 モードな感じを目指している方は思い切ってレッド系を入れてみては? 『大人っぽい』入れ方で、スゴくかっこよくなると思いますよ!

 あと、ちょっと補足ですが、目の下の△ゾーンに少しハイライトを入れたら、目の周りが明るくなって、チークが生きてきます。 コレでメイクはバッチリ!! お正月のお出掛けメイク、ぜひ実践してみて下さいね!

 …今年一年、コラムをご愛読頂き、本当にありがとうございました。 来年は益々勢力を増して、もっともっとみなさまのお役に立てる情報を提供していきたいと思っております。 来年もPLUS ONEコラムコーナーをよろしくお願い申し上げます!! ではみなさま、良いお年をお迎え下さい。


 [担当・斉藤]

キャンペーン情報へ おすすめ美容アイテム情報へ Aujua Hair Care Program villalodola Hair Care Program 美容 コラムへ スタッフのブログへ