トップページへ

店舗案内

メニュー

ギャラリー

スタッフ

採用情報

お問い合わせ

コラムTOPへ

ヘアカットのお話 (第22号) new

  「美容師にとって、最も大事な技術。」

ヘアカット  今まで約2年の間、このコラムをご愛読くださった皆様、誠にありがとうございました。 このコラムは、今回をもちまして、しばらくの間お休みさせていただくことになりました。 ということで、今回は終わりを飾るのに相応しい、私たちにとって最も大切な「ヘアカット」についてお話ししようと思います。

 ところで皆さんは、「ヴィダル・サスーン」をご存知でしょうか? そう、あのシャンプーで有名な「ヴィダル・サスーン」です。 もしかして、皆さんの中にはシャンプーの名前だと思っていらっしゃる方もいるかと思いますが、「ヴィダル・サスーン」とは人の名前で、イギリス出身の世界を代表するヘアスタイリストです。 ボブスタイルや、ワンレングスグラデーションカットレイヤーなどを編み出したのも彼です。 今でも、彼のカット理論は私達のヘアカットの原点になっております。

 ここからは、カットラインについてお話していきましょう。 ワンレングスとは「一つの長さ」という意味で、全く段が入っていない状態を言います。 それに比べて、グラデーションカットとは、少し段が入っており、床に対して並行に髪の毛を引き出してみると、下の髪の毛よりも上の髪の毛のほうが長くなっています。 一方、レイヤーカットはグラデーションよりもさらに軽いスタイルで、段が入ったスタイルの中では最も軽いといえます。 髪の毛を引き出してみると、下の髪の毛よりも、上の髪の毛のほうが短くなっています。

 この、ワンレングス、グラデーション、レイヤーを、「骨格」「その人のなりたいイメージ」「らしさ」に合わせて、組み合わせながらカットを施していきます。 前髪のカットに関しても、表情を作るパーツになるため、奥が非常に深く、カットのときには慎重になります。 このように、カットというのは私たちにとって、とても重要なものであり、やはり美容師からは切り離せないものなのです。

さて、いよいよ終わりが近づいてきました。 この2年間、コラムを通じて改めて勉強したり、どうやって皆さんにわかりやすく伝えていけばよいのか考えたり、私自身、非常に勉強になりました。 これを読んでくださっていた皆様が、今まで以上に美容に興味を持っていただけたなら、うれしく思います。 今まで本当にありがとうございました。 いつかまた、お会いできるといいですね!  (PS・お店にはいます。)

 [担当・斉藤]

キャンペーン情報へ おすすめ美容アイテム情報へ Aujua Hair Care Program villalodola Hair Care Program 美容 コラムへ スタッフのブログへ